トップページ > 甲状腺機能低下症からくるしびれ

甲状腺機能低下症からくるしびれ

甲状腺機能低下症からくるしびれ

体の代謝を維持して、多くの機能を調節する働きをする部位に、甲状腺ホルモンがあります。甲状腺機能低下症が原因で甲状腺ホルモンが減少すると、体のさまざまなところで不具合が生じてありとあらゆる症状が出ます。

 

この場合、多くは「手根管症候群」の症状としてしびれが現れます。甲状腺機能低下症の直接的な症状ではなく、甲状腺ホルモンが影響する神経障害として現れるのです。

 

「手根管」とは、手のひらの付け根にある靱帯と骨で囲まれた3cmほどの管です。その管の中には、正中神経と腱が通っています。正中神経は首から伸びる神経で、手根管内で圧迫を受けると親指や人差し指、中指にしびれを生じます。

 

甲状腺機能低下症は、男性1に対して女性10と、圧倒的に女性の発症率が高い病気です。手根管症候群は、妊娠中や出産後のホルモンバランスが不安定なときや更年期障害に関連して引き起こすことも多い病気とされています。手指にしびれが出たときには、体の変調をひと通り確認しておくのがよいでしょう。

 

甲状腺機能低下症の主な症状には、全身の倦怠感、低体温、皮膚の乾燥、顔のむくみ、脱毛、声のしわがれなどが挙げられます。記憶力や事務処理能力が低下したり、夏でも汗をかかなくなったりといった、病気とは結び付けにくい症状が現れるのも特徴的です。

 

甲状腺の病気は診断が難しいため、甲状腺の専門医あるいは内分泌科の門を叩いたほうが甲状腺機能低下症の正しい診断を受けることができるでしょう。甲状腺の機能の低下と同様に、肝機能の低下も命の危険にさらされる重要な症状です。それを表すALTやAST、γGTPなどの数値があります。